看護師ブランクの再就職と体験談

看護師の方の多くは女性ですし、結婚、出産、育児といろいろとあります。
そういったことでずっと看護師を続けていけない状況になってしまう方も多いと思います。

 

こういった結婚、出産、育児を行う中で一時看護師を辞めると言う方も多いのではないでしょうか。
そして、子供も産んだし、ある程度子供も大きくなったしそろそろ働きたいなと言う方も多いと思います。

 

ですが、ここでブランクがあって再就職ができるのか不安と言う方も多いのではないでしょうか。
そこで当サイトでは看護師のブランクについてや体験談などを紹介しています。

 

看護師さんでブランクがあって再就職できるのか不安という方の参考になれば幸いです。

ブランクがあるからこそ看護師専門の人材紹介会社を利用する

やはり、ブランクが長ければ長いほど再就職できるのか不安が大きいと思います。
書類の書き方や面接、どのような活動をすればよいのかなど悩みを多いと思います。

 

そういったこそ看護師専門の人材紹介会社を利用してコンサルタントに相談しながら転職活動をするのが良いのではないでしょうか。
現在は看護師さんが転職する際、インターネットで調べて看護師専門の人材紹介会社を利用する方が多いのではないでしょうか。

 

これにはやはりコンサルタントが書類の書き方から、面接対策、条件交渉の代行、求人の紹介など様々な転職のサポートをしてくれるということがあると思います。
実際、こういったサポートからあなたにマッチした求人を紹介してくれるということから離職率も低くなるのではないでしょうか。

 

ブランクのある方も多く利用されていますし、ノウハウもありますし、そういった方におすすめの求人を紹介してくれたり、対策もとってくれると思います。
10年以上のブランクがあっても復職できている方は多くいますし、利用する方が有利で安心して転職活動ができるのではないでしょうか。

ブランクは何年くらいまで大丈夫なのか

看護師という職業は女性が主な人材であるという特性をしています。
ここ数年では男性看護師の姿も比較的よく見られるようになりましたが、それであっても看護師業界を主導するのは女性です。
しかし女性は結婚や出産、育児といったような事情で退職を経験しやすく、看護師という職業生活においてブランクを持ちやすくなっています。
ではブランクを持った人が職場復帰をしたいというような場合、何年くらいまでなら大丈夫なのでしょうか。
これに関しては採用の場における判断という点においては「5年程度」とされています。
もちろんこうした現場を離れていた期間は短ければ短いほど良いのですが、看護師という職業はミスを許されず、常に知識と技術が求められます。
加えて医療技術は日進月歩の勢いで進化をしているわけですから、一般的には「5年程度の空白期間であればなんとかカバーできる」というのが一般的な見方となっているのです。
5年ほどであれば勤めていた頃の知識や技術をまだある程度応用することができ、本人の努力しだいでは十分な職場復帰が可能です。
反面「10年以上」というブランク期間になってしまうと、どのような病院でも採用はかなり厳しくなってきます。
これは10年前の医療技術の知識・技術だけでは現代医療に対応することが非常に困難であり、かつ10年間看護師の業界から離れていたということで、体力面の心配もされやすいからです。
10年以上職場を離れていた人が復帰をしたいという場合には、セミナーなどへの事前の参加によって、アピールポイントを作っておかなくては難しくなるでしょう。

10年以上ブランクがあっても復職できる

現在の日本は高齢化社会をむかえており、医療の部門だけでなく、介護の分野などでも看護師が多く必要となることから、看護師の人材が大きく不足している状況にあります。
そのため、現在は看護師免許を持っており主婦として生活している人が復職してくれることが社会的には期待されているのです。
そのため、ブランクがある人も多くの病院や施設などで受け入れを行ってくれる環境にあります。
そうはいっても10年以上ブランクがあるケースでは職場に復帰するのは不安があるのは当然のことです。

 

看護師の仕事は患者や利用者の健康管理を行う仕事であり、大きなミスは患者や利用者の命にかかわるような事態になることも考えられます。
そのため、10年以上ブランクがある場合にはできるだけ多くの看護師が在籍しており、教育体制がしっかりとしている職場を探すことが大事です。
このような職場では経験のある看護師が指導を行ってくれるため徐々に仕事内容を思い出していくことができます。
また、ブランクが長い場合には医療の内容が変わっているとこともあるため、新しいことを学習する必要があります。
しかし、ブランクがあるとしても患者や利用者への対応などは身についているものなので、経験のない人よりも早くに職場になじむことができるでしょう。

ブランクがあっても復職しやすい方とは

看護師は日本の医療を支える上で欠かすことのできない人材ですが、どのような人であっても看護師になれるわけではありません。
看護を学ぶことが出来る学校で一定のカリキュラムを学び、国家資格試験に合格した人しか看護師になることは出来ないわけですから、看護師不足が問題になっている現代、この人材を求めている場所は数多くあります。
しかし高度な専門知識が必要な医療の現場で働くということから、一度退職した看護師が戻りづらいということも事実であり、実際、ブランクをもつ看護師には「職場復帰をしたくても知識量が不安」という悩みを抱えている人が少なくありません。
ではブランクがあっても復職しやすい方法はあるのかというと、何よりも効果的なのが「研修制度を設けている病院に勤める」ということです。
以前まで看護師は「知識と技術がある人が勤める職業」という扱いでしたから、新しい医療法に関する研修を除いて、研修制度は他の業種ほど充実しているわけではありませんでした。
しかし看護不足の状況が深刻化しつつある昨今、採用段階で多少の知識不足・技術不足があったとしても、研修をして働いてもらいたいと考えている職場は少なくありません。
そのためブランクを持つ人を対象にした研修制度を設けている病院が増加傾向にあるのです。
そうした場所を選んで勤めれば、基本的なことから応用的なことまで段階を踏んで研修をしてくれますから、たとえブランクがあったとしても復職しやすくなるでしょう。